こんなお子さんに速読をお奨めします!

 

※ 集中力が長続きしない

※ ノートを取るのが苦手

※ 宿題に時間がかかる

※ テストになると緊張して時間が足りない

※ 暗記が苦手

※ 自信を持って言える特徴がない

※ 自己PRに書くことが思いつかない

※ 本を読むよりゲームが好き

※ スポーツのレベルアップをしたい

 

 

どうすれば速読できるようになるの?

ナポレオンは1日に20冊もの本を読破し、アメリカの第35代大統領ジョン・F・ケネディはアメリカ人が1分間に読む通常スピード:200~250ワードに対して、1分間1,200語も読んだと言われています。日本では司馬遼太郎や立花陸が速読家として名高いです。

このように例を上げると、速読は限られた人だけが持つ特殊能力のように聞こえてしまいますが、事実はそうではありません。ナポレオンもケネディも皆、たくさんの読み物にふれる中で速読テクニックを磨き、本物のスキルへとブラッシュアップさせたのです。

もうお分かりですね?速読には、ある程度の≪練習≫が欠かせません。プールで泳いだり、自転車に乗れたりできるようになるために皆、練習を積み重ねてきたように・・・。

スーパー速読の「一日集中講座」では多くの方が1日で達成しやすい≪3倍速≫のレベルを設定し、‘‘白熱指導”を行っています。その結果、多くの方が終了時に3倍速に到達し、速読の基礎固めされています。

たった1日の講習で本当に3倍速?

 

日本人の平均的な読書速度は、1分間に400~600文字とされています。

一日集中講座で目指すのは、6時間半の速読練習で通常の読書速度の3倍、つまり≪1分間に1,200~1,500字≫の速読です。一日集中講座終了時に速度チェックを行いますが、ほとんどの方が3倍速を達成されています。日本速読協会は実績30年、日本の速度普及におけるパイオニアだからこそ、「速く読む」ことに対する指導には絶対的な自信があります。

 

驚きの速読4つの効果

 効果1=処理能力UP

読書速度が速いほど処理能力も高くなり、試験時間を有効に使うことができます。時間にゆとりが持てると、精神的にも落ち着くことができ、ケアレスミスを防ぐことができます。

 効果2=学習効果UP

受験生に限らず、学習で重要なのは反復による記憶です。読書速度が3倍になれば、1時間で1回しか読めなかったテキストが3回読めるようになり、学習量の蓄積と定着につながります。

 効果3=基礎学力UP

速読で「読む」スピードを加速させると、授業で「聞く」ことや、ノートを「書く」能力の向上が期待でき、授業内容をしっかり理解することができます。また、読書経験を増やすことで、読解の基礎となる「語録力」「表現力」の向上につながり、記述問題や面接時にも役立ちます。

 効果4=動体視力UP

速読トレーニングで、動体視力、瞬間視力、周辺視野などの見る力を鍛える事ができ、スポーツに欠かせないスポーツビジョンを向上させることができます。

個別指導塾アイ ・ キャンの速読講座は、

驚きのスーパー速読術!日本速読協会準拠

 

個別指導学習にスーパー速読を組み合わせて「読む」「聞く」「書く」の学習の基礎力を

向上させ、集中力を養うことで、今まで以上の

学習効果を生むことができます。

 
結果がすぐに確認できる1日無料体験
眼を鍛え、脳を覚醒する訓練法「スーパー速読」の驚異!

 アクセス

    〒537-0001 大阪府大阪市東成区深江北1-1-3
    個別学習指導塾アイ・キャン 深江橋校
    お問い合わせ: 0120-111-469

 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now